足音と歩み

E-5系量産型先行車両入線

2010年6月17日

E-5系量産型先行車両 七戸十和田駅に初見参!

6月17日七戸十和田駅にて

先頃、「はやぶさ」の愛称が発表された新幹線新型車両E-5系の量産型先行車両が、八戸~新青森間を試験走行しました。

これを受け、七戸町および東北新幹線七戸十和田駅開業事業実行委員会では、鉄道・運輸機構の協力のもと、平成22年6月17日、自由見学会を開催いたしました。

公募による一般参加者は323名。

新幹線を待ちわびる七戸町と周辺市町村の住民の他に、遠くから駆けつけた鉄道愛好家、写真愛好家たちで、9:30の開場予定時刻よりかなり早くから行列が できていました。

自由見学会を待ちわびる行列

入場者には、あのレアグッズも配布。他に、鉄道・運輸機構作成のパンフレットなども配布され、参加された方々は大喜びでした。

見学者を賑やかに出迎えるのは七戸町商工会青年部と七戸若駒商人 隊を中心とする近隣町村の面々。
なんと、全身タイツの「中の人」は、七戸町商工会、天間林村商工会、六戸町商工会、十和田湖町商工会、野辺地町商工会の各青年部の部長たち!七戸十和田駅エリアあげての大歓迎です。

このたびは最新流行の「3D」のカウントダウンパネルになりきっています。

みごとに腹部が3Dです。

見学者を出迎える七戸町商工会青年部と七戸若駒商人隊を中心とする近隣町村の面々

駅のホームにはすでにE-5系量産型先行車両が入線していました。

かねてから発表されているイメージイラストそのままの美しいラインが、みごとに実車となって現れました。つややかな曲面の輝きと、華麗な流線型のライン に、参加者からも感嘆の声が上がっていました。

E-5系量産型先行車両

七戸十和田駅

E-5系量産型先行車両 試運転

地域住民一同、お待ちしています!

おすすめコンテンツ

かだれ田舎体験
東八甲田ローズカントリー
道の駅しちのへ
東八甲田家族旅行村