足音と歩み

試験車両 七戸十和田駅入線

2010年4月13日

ついに来た!試験車両「イースト・アイ」入線!

まだ夜も明けきらぬ七戸十和田駅

2010年4月13日、まだ夜も明けきらぬ朝5時。
先頃工事が完了し、12月開業へと着々と準備を進める七戸十和田駅に、ついに試験車両「イースト・アイ」が入線しました。
早朝にも関わらず、地元七戸町民、そして全国から駆けつけた鉄道ファンの方々が数百人。ぴかぴかの開業前の駅に入っていきます。

七戸十和田駅七戸十和田駅のホーム地元・八甲田ブラスバンドイースト・アイがやってきますイースト・アイがやってきます

朝霧の中、彼方に灯りが見え、いよいよ「イースト・アイ」がやってきます。
拍手と歓声がこだまします。

イースト・アイ

イースト・アイ

鉄道運輸機構 東北新幹線建設局 服部局長、イースト・アイの菅原運転士らが、挨拶のために降車します。

今回の試験走行では、時速30km/hで、線路や制御装置などを詳細に点検しながらゆっくりと走ります。試験スタッフは約30名、JRなどの関係者を含め ると約100名ほどが乗っているそうです。6両編成の車内は、もちろん客車ではありませんから、数々の検査装置の間をすり抜けるようにして移動しなければ ならないそうです。

小又勉・七戸町長七戸町商工会・青年部のみなさん

「40年だよ。40年待ったんだ」
小又勉・七戸町長の感慨はひとしおです。
「たくさんの先輩方ががんばって、やっとこの日を迎えたんだ」
七戸町商工会・青年部のみなさんは、パフォーマンスでイースト・アイを出迎えます。早朝からパワー全開です。昨年、七戸町のCMを制 作したときの、メモリアル・パフォーマンスです。
1時間の停車後、イースト・アイは、新青森駅に向かって出発しました。
記念撮影に興じる町民やファンににこやかに応えながら、スタッフのみなさんは、めまぐるしく点検・報告・連絡に追われていました。彼らのきびきびした動作 は美しく、スタッフのひとりひとりが、無言で安全運行を約束してくれました。

イースト・アイ

七戸町商工会青年部 2009年制作
第9回 ふるさと自慢わがまちCM大賞 準大賞受賞作品
「待っていたぜ新幹線!」

おすすめコンテンツ

かだれ田舎体験
東八甲田ローズカントリー
道の駅しちのへ
東八甲田家族旅行村