青森県南美術館ガイド

三沢市寺山修司記念館

“寺山修司”とは、一体何者なのか

寺山修司

 歌人、詩人、劇作家、演出家、小説家、映画監督、作詞家、エッセイスト、俳人、評論家、写真家など・・・。本業を問われると、“僕の職業は寺山修司です”と答えていたそうです。
 寺山修司の世界は、質も量も、簡単に常識の範疇を超えてゆきます。
 寺山修司亡き現在でも、溢れてこぼれた様に残る、多くの言葉や映画作品が人の心をつかんで離さない事実は紛れもありません。

寺山修司をお探しなら、「寺山修司記念館」へどうぞ。

三沢市寺山修司記念館三沢市寺山修司記念館三沢市寺山修司記念館三沢市寺山修司記念館

 寺山修司記念館はは遺族の寺山修司の母はつ氏より三沢市に寄贈された遺品を、保存公開 するために約3年の歳月をかけ建設されました。寺山修司と親しかった粟津潔氏のデザインをもとに、九條今日子氏をはじめとする元天井棧敷のメンバーなど数 多くの関係者のアドバイスを得て平成9年7月に開館を迎えました。

開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始(12月29日~翌年1月3日)
※8月の第1、第2、第3月曜は開館予定
入館料
個人一般: 300円 大学生: 100円 小中学生: 50円 団体一般: 200円 (20名様以上) 高大学生: 100円
※企画展の入館料が、必要になる場合がございます。
所在地
〒033-0022 青森県三沢市大字三沢字淋代平116-2955
TEL/0176-59-3434 FAX/0176-59-3440
三沢市寺山修司記念館の場所

七戸十和田駅からの楽しみ方

 サラブレッドの名産地、七戸町。実は、三沢市にも競馬にゆかりある人物がいたことは、ご存知だろうか。
 航空祭でにぎわう「基地の町、三沢市」まで車で走らせること約40分。小川原湖畔に広がる「三沢市民の森」公園の一角に、巨大なアート作品のような建物が現れる。
 外壁の巨大なピエロの顔に驚きながら、入口の赤い扉を押し開けると、出迎えるのは「ようこそ、テラヤマ・ワールドへ」と穏やかに微笑む寺山修司。
 馬に魅せられた彼は、競馬のエッセイを手がけ、「ユリシーズ」と名づけた競走馬の馬主になったこともある。現代の若者たちには、高校の国語の教科書を通じて歌人として知られるが、それは彼のほんの一面にすぎない。「職業・寺山修司」と名乗った彼は実に多才。記念館では、俳句、短歌、詩、小説、エッセイ、写真、演劇、映画、これらの彼の活動をユニークな展示で総合的に紹介している。
 文学碑まで歩くと、こちらも日常を忘れるほどの絶景が広がる。館外の遊歩道散策も、ぜひ、お忘れなく。

ホームページ http://www.terayamaworld.com/

おすすめコンテンツ

かだれ田舎体験
東八甲田ローズカントリー
道の駅しちのへ
東八甲田家族旅行村