歴史散歩

歴史散歩

七戸は歴史の町。
ここに掲載したいくつかの物語のイメージをたどりながら、七戸十和田エリアを歩いてみませんか?

歴史散歩~開拓の英雄達~

 かつて七戸を中心とする青森県の太平洋側、上北地方は、10世紀の十和田湖、北朝鮮と中国の国境にある白頭山の相次ぐ噴火による降灰によって、農地を作れない厳しい土地柄でした。
 わずかに現在の七戸町周辺は豊かな土地でしたが、荒涼としたとした火山灰大地が広がる、人が住めないとまでいわれた環境でした。
 これを現在のような豊かな自然と作物、そして人々が集まる土地に変えたのは、先人達の開拓魂でした。

新渡戸 傳
第1回 新渡戸 傳
(にとべ つとう)
廣澤 安任
 第2回 廣澤 安任
(ひろさわ やすとう)
工藤 轍郎
第3回 工藤 轍郎
(くどう てつお)
 

~七戸城跡物語~ 小説『姫塚伝説』 

谷村径夫 著
七戸町観光協会発行

姫塚伝説

 七戸城跡の裏手、木漏れ日が差すお堀の端にひっそりと佇む姫塚。
そこには今も語り継がれる切ない物語が、伝説として残っています。

おすすめコンテンツ

かだれ田舎体験
東八甲田ローズカントリー
道の駅しちのへ
東八甲田家族旅行村