縄文を歩こう

資料館を巡る

青森県上北、下北からは数多くの貴重な遺物が発掘されている。
これらを展示している施設があるので歩いてみよう。

資料館マップ

資料館マップ

六ヶ所村立郷土館 東北町歴史民俗資料館 野辺地町歴史民俗資料館

六ヶ所村立郷土館

 上北下北地域には大きな博物館はない。この地域から出土する古代の遺物の質と量からすれば、もっと展示紹介の施設がほしいところである。
 博物館とはいえないかもしれないが、地域の市町村の多くには歴史民俗資料館や郷土館といった施設がある。
 その中でも六ヶ所村立歴史民俗資料館は比較的新しく、設備も整っている。ミニ博物館といったところである。

六ヶ所村立郷土館

六ヶ所村立郷土館

 郷土館の看板のところについているオブジェは“鼻曲がり土面”である。青森県の太平洋側で出土するようであるが、なぜか鼻が曲がっている。

六ヶ所村立郷土館ロビー

六ヶ所村立郷土館ロビー

 館内ロビーではこのあたりの動物たちが出迎えてくれる。

六ヶ所村立郷土館甕棺

六ヶ所村立郷土館甕棺

 弥栄平(いやさかたい)遺跡からは甕棺(かめかん)に入った女性人骨が発見され、これをもとにして作ったブロンズが入り口正面に立っている(展示甕棺はレプリカ)。

六ヶ所村立郷土館縄文美子

六ヶ所村立郷土館縄文美子

 また、復元女性は縄文美子と名づけられた対話ロボットとして縄文の生活を案内している。

六ヶ所村立郷土館石器展示

六ヶ所村立郷土館石器展示

 館内には数多くの打製石器、磨製石器が展示されている。

六ヶ所村立郷土館土器展示

六ヶ所村立郷土館土器展示

 縄文土器も遺跡や様式によって分類されて展示されている。

六ヶ所村立郷土館竪穴住居

六ヶ所村立郷土館竪穴住居

 館内中央部には縄文生活を再現したジオラマ展示がなされている。竪穴住居の生活や、狩猟の様子などが再現されている。
 六ヶ所村のあるあたりは、かつての縄文海進の時期には遠浅の海の自然に恵まれた地形だったと推測されている。この周辺に数多く発見されている古代の集落跡からすると、広い地域に多くの人が暮らした実り豊かな時代があったのであろう。

六ヶ所村立郷土館
観覧料:無料
開館時間:9:00~16:00(月曜休館)
所在地:上北郡六ヶ所村大字尾駮字野附535
TEL:0175-72-2307
URL:http://www.r-kk.com

東北町歴史民俗資料館

 東北町にも立派な資料館がある。

東北町歴史民俗資料館

東北町歴史民俗資料館

 ここにも縄文の資料がたくさん展示されている。ロビーには縄文の文様の再現を体験できるコーナーがあり、縄文といってもさまざまな文様の作り方があることが分かりとても興味深い。縄文時代の人々が、どうしたらきれいな模様ができるのかと試行錯誤したのだろう。当たり前のように見てしまうデザインであるが、これだけのバラエティに富んだ文様を考えるには、現代人にも勝る想像力があったのではないだろうかと思わせる。

東北町歴史民俗資料館展示土器

東北町歴史民俗資料館展示土器

 この資料館に展示されている土器は、割と大型で完全な形に近いものが多いようである。そして、東北町の赤平遺跡というところからは世界最古級(17000年前)の土器が発見されている。これは東北新幹線関係の調査により「十和田・八戸火山灰」の下から発見されたものだという。

東北町歴史民俗資料館貝塚地層

東北町歴史民俗資料館貝塚地層

 この地域には貝塚も多く発掘されている。この歴史民俗資料館では古屋敷貝塚の地層をそのまま標本化しものを展示している。地層中には貝殻はもちろん土器や動物の角、魚の骨などが混じっている。

東北町歴史民俗資料館縄文人骨

東北町歴史民俗資料館縄文人骨

 館内展示室でひときわ目を引くのは縄文女性の人骨である。

東北町歴史民俗資料館フラスコ状ピット解説

東北町歴史民俗資料館フラスコ状ピット解説

 この女性はフラスコ状ピットと呼ばれる墓坑に埋葬されており、ピットの底面と上部にはホタテの貝殻が敷き詰められていたという。ホタテ採集を生業としていた女性だったのだろうか。

東北町歴史民俗資料館ナウマン象歯

東北町歴史民俗資料館ナウマン象歯

 この資料館にはこんなものもある。ナウマン象の歯の化石である。

東北町歴史民俗資料館虎下顎骨

東北町歴史民俗資料館虎下顎骨

 これは虎の下顎の骨。小川原湖湖底からシジミ採りのジョレンにひっかかってきたものだという。10数万年前のものと思われてる。
この時期にこのあたりに人が住んでいたかどうかは定かではない。人はいなかったが大型の動物が闊歩していたのだろうか。

東北町立歴史民俗資料館
観覧料:一般200円、団体100円、小中学生半額
開館時間:9:00~16:00(火曜休館)
所在地:上北郡東北町大字上野字上野191-30
TEL:0176-56-5598
URL:http://www.town.tohoku.lg.jp/gyou_gui/info/info_shisetsu_03.html

野辺地町立歴史民俗資料館

野辺地町にも歴史民俗資料館がある。
公民館に併設されており気軽に見学することができる。

野辺地町立歴史民俗資料館

野辺地町立歴史民俗資料館

 展示点数や規模はそれほど大きくはないが、この地域からも貴重な資料が発見されている。

野辺地町立歴史民俗資料館螺鈿漆器

野辺地町立歴史民俗資料館螺鈿漆器

 この地域からは多くの木胎漆器が出土している。5000年も昔の木製の器である。土器や石器と違い腐食したり炭化したりしやすい木製品が、非常に良い状態で出土している。
 写真はその漆器に螺鈿の施された跡があるものである。
 螺鈿とは貝殻の裏面の虹色の光沢部分を木製品などに埋め込んで装飾したものである。象嵌の一つの種類で、伝統工芸品などでも多く用いられている。
 ここに展示されているものは世界最古の螺鈿漆器といわれており、縄文時代人の美しいものに対する意識を垣間見た気がする。

野辺地町立歴史民俗資料館板状土偶

野辺地町立歴史民俗資料館板状土偶

 今回見ることができなかったが、ここには最大級の立脚型の板状土偶がある。高さ32センチで、発見されたものを接合するとかけたところがないという。完全な形のこの大きさのものはとても珍しいそうである。

野辺地町立歴史民俗資料館土器展示

野辺地町立歴史民俗資料館土器展示

 考古展示の場所はそれほど大きくはないが、出土物についての解説を読むと、この地域にも豊かな暮らしがあったことがうかがえる。

野辺地町立歴史民俗資料館角鹿コレクション

野辺地町立歴史民俗資料館角鹿コレクション

 この資料館には「角鹿コレクション」と呼ばれる資料のコーナーがある。これらの資料は野辺地生まれの故角鹿扇三氏が生涯にわたり収集したもので、この地域の考古学研究に大きく貢献したとされている。
 これらの資料は写真のようにして収蔵されており、引き出して見ることができる。

野辺地町立歴史民俗資料館
観覧料:一般200円、高校大学生100円、小中学生無料、団体半額
開館時間:9:00~16:00(月曜休館)
所在地:上北郡野辺地町字野辺地1-3
TEL:0175-64-9494
URL:http://noheji.bakufu.org/

<文責 山本>

おすすめコンテンツ

かだれ田舎体験
東八甲田ローズカントリー
道の駅しちのへ
東八甲田家族旅行村
しちのへ観光協会
七戸町観光物産推進協議会