旅こそ地酒

八甲田おろし 鳩正宗株式会社

 日本屈指の透明度を誇り、神秘の美水を湛える十和田湖。
 そこから流れ出る奥入瀬川は、表情豊かな渓流となって人々の目を楽しませ、一部は疏水となって十和田市の命の水となっています。
 そして奥入瀬川の伏流水は、厚い火成岩層にさらに磨かれ、鳩正宗の美酒として姿を現します。

鳩正宗工場

 創業は明治32年。新渡戸傳によって拓かれた新都・三本木(現在の十和田市)が、軍馬補充部三本木支部の開設を受けて都市として光を放ち始めた頃です。
新都に集まり、希望に燃えて働く人々の日々の疲れを癒す酒として、鳩正宗(当時の銘柄は「稲生正宗」)は誕生しました。

鳩正宗の水

 地元の人に愛される酒を造ることが出来るのは、地元で育った舌をもった杜氏(とうじ=酒造りの最高責任者)のはずだ。
 「本物の地酒を造りたい」
 先代蔵元の信念で、ひとりの社員を南部杜氏として修行に出しました。
 そうして誕生したのが、社員杜氏として現在鳩正宗の酒造りを預かる、十和田市に生まれ育った佐藤企(たくみ)さん。

佐藤企さん

 南部杜氏の古き伝統と、十和田の銘水、そして若き杜氏の心意気が融け合って醸された美酒は、モンドセレクション大金賞、全国新酒鑑評会青森県内最多受賞に輝いています。

鳩正宗工場

八甲田おろし 純米大吟醸

八甲田おろし 純米大吟醸

 花をイメージさせるほどよい香りと芳醇な味わい。それでいて喉ごしが爽やかなお酒です。
その名の通り、まずは山の幸と合わせたいところ。「コゴミのクルミあえ」などいかがでしょうか。海の幸ならホタテやホッキ、白身の刺身がベストマッチでしょう。

八甲田おろし 特別本醸造

八甲田おろし 特別本醸造

 八甲田山系から吹き下りる冷たい風のように、シャープな辛みと酸味の、強めの酒質ですから、豪快に粗塩を振って焼いた車エビ、味噌煮込み、十和田牛のステーキなども合わせられるでしょう。

吟醸酒グラッパ(粕取焼酎)

稲本利右衛門

吟醸酒グラッパ(粕取焼酎)  稲本利右衛門

 イタリアの蒸留酒・グラッパの製法に学んだ粕取焼酎。自社の吟醸粕を惜しげもなく使って凝縮された、香りの瓶詰めです。
その性質上生産量が少ないので、出会えた方はラッキーです。

鳩正宗株式会社

鳩正宗株式会社

鳩正宗

青森県十和田市三本木字稲吉176-2
電話 0176-23-0221

※工場見学可能(事前予約が必要)

ホームページ:http://www.hatomasa.jp/

おすすめコンテンツ

かだれ田舎体験
東八甲田ローズカントリー
道の駅しちのへ
東八甲田家族旅行村
しちのへ観光協会