旅こそ地酒

駒泉 株式会社 盛田庄兵衛

 七戸城下の商店街のほぼ中心に位置し、七戸の古い家並みのシンボルのひとつともなっている、重厚な昔造りの建物です。
 寒い冬の季節ともなると、破風を大きく構えた軒先に、ひときわ緑鮮やかな杉玉が掲げられ、あたりを漂うふくよかな酒の香りは、町の風物詩のひとつです。

株式会社 盛田庄兵衛

駒泉 株式会社 盛田庄兵衛

 創業は安永6年(1977年)、江戸では元禄文化の名残を残し、平賀源内がエレキテルで世間を驚かせ、長谷川平蔵がまだ放蕩無頼の暮らしをしていた頃です。
 南部の地も凶作がなく、世の中が安定していた頃と思われます。
 現在の蔵元、盛田庄兵衛さんは11代目。
 南部流の伝統を受け継ぎながらも、国税庁醸造研究所で学んだ最新技術を駆使する、蔵元兼杜氏です。
 石高はあまり大きくはありませんが、本醸造以上の、いわゆる「特定銘柄酒」のみの生産に特化し、「ほんとうにうまい酒を飲みたい ほんとうにうまい酒を伝えたい」という信条のもと、酒造りを行っています。

株式会社 盛田庄兵衛

駒泉(こまいずみ)

 蔵の昔からの看板ブランドで、馬産地・七戸にちなんで名付けられました。
 どっしりした重厚な味わいが特徴で、特に山廃純米吟醸は、肉料理にも負けないコシの強さとキレをもっています。
 さくら鍋(馬肉鍋)と合わせてどうぞ。

駒泉(こまいずみ)

真心(まごころ)

 同社の最上級ブランド。
 厳寒の七戸だからこそ醸し出せる、長期低温発酵で、やわらかな香りと繊細な飲み口のお酒です。
 芯強く、それでいて主張しすぎない上品な酒質は、例えばヒラメのお造り、ホタテの刺身、ホッキの酒蒸しといった淡泊な料理の、底深いうまみを引き出します。

真心(まごころ)

作田(さくた)

 契約栽培の七戸の米、地下から湧き出る清冽な水で作られた、七戸100%の特別純米酒。
 焼き魚、鶏肉の塩焼き、こぶ煮しめ、ひっつみ(すいとん)、蕪漬けなど、普段のおかずが贅沢料理になってしまう、真の名酒です。
 冷やからぬる燗まで、温度によってもそれぞれ違う顔を見せてくれるのも楽しみです。

作田(さくた)

 

駒泉 HPはこちらから

株式会社 盛田庄兵衛
住所/青森県上北郡七戸町七戸230
詳しい地図はこちら
電話/0176-62-2010

おすすめコンテンツ

かだれ田舎体験
東八甲田ローズカントリー
道の駅しちのへ
東八甲田家族旅行村