かだれ田舎体験

お問い合わせ

TEL 0176-68-2116


かだれとは

「かだれ」って、どういう意味?

 『かだれ』とは、この地方の方言で、「仲間にならないか」と、「話そう」という二つの意味があります。
 たとえば、外でバーベキューをやっているグループの近くを通ったとき、顔見知りの人から
 「こっちへ来て、かだれ!」
 (こっちへ来て、仲間に入れ!)
 という場面などで使用されます。どこの地域まで通用するのでしょうか。この言葉。

「七戸町かだれ田舎体験」~グリーン・ツーリズム~

 「七戸町かだれ田舎体験協議会」は、都市との交流により農家や高齢者の方々の生きがいづくりや、地域住民の親睦を深めながら地域の活性化を推進するために平成16年に創設されました。
 事務局は、七戸町農林課。

 農業や自然とのふれあいを楽しく体験するため特産のニンニクや長いもなどの収穫体験をはじめ、ハイキングやクッキングなど楽しい企画を用意しています。親子で、仲間と一緒に参加してみてはいかがでしょう。

イベントと宿泊交流事業

企画イベント

  • 夏休みかだれ塾/7月下旬~8月上旬ごろ

宿泊交流事業

 上記のイベント以外に、4人以上からいつでも宿泊交流施設を利用することができます。その時期に合った農業体験や地域の方々との交流もできます。

会の運営

 この会は、グリーン・ツーリズムの実践をめざす地域の有志たちによって運営されています。
事務局は、七戸町農林課。

※みなさまをお迎えするために、研修会などで日々研鑽しています。特産品の野菜を使った料理研修会や、ワラジ作りなどの講習会を行っています。

七戸町とは、こんな地域です。

 七戸町は、のどかな水田風景が広がり、四季の区別がはっきりしている純農村地帯です。古くから稲作を基幹としながらもニンニク、長いもの栽培も手がけ、いまでは全国でも有数の産地となっています。
 目の前に広がる水田風景は、懐かしい忘れかけていた、田舎を思い起こしてくれるでしょう。

  • 人口—16,790人(H27.1.1現在)
  • 主な産業—農業(ニンニク、ながいも、水稲など)
  • 観光ポイント—鷹山宇一記念美術館(絵馬館)
  • 十和田湖—車で約1時間
  • 八甲田—車で約30分
  • 青森市—車で約1時間
  • 八戸市—車で約1時間

おすすめコンテンツ

かだれ田舎体験
東八甲田ローズカントリー
道の駅しちのへ
東八甲田家族旅行村
しちのへ観光協会
七戸町観光物産推進協議会