【小川原湖方面】日帰りコース

小川原湖と異国情緒漂う三沢の魅力を知り尽くす

道の駅おがわら湖「湖遊館」、小川原湖水浴場(潮干狩りなど)、青森県立三沢航空科学館、寺山修司記念館、道の駅みさわ 「斗南藩記念観光村」を巡るコース

七戸十和田駅発

▼25分

道の駅おがわら湖「湖遊館」

道の駅おがわら湖は、町の情報発信基地として2004年5月1日オープンしました。直売所コーナーは、地域の主力産業である長芋、ニンニク、ニンジン、トマト、ほうれん草等、北のカラーに始まる花卉等の農産物を主に扱いながら、農業生産物加工品、小川原湖産の水産物、水産加工品や地域の伝統工芸品の販売をします。また、インターネットを利用した通信販売も実施し、広く東北町の食を県内外に発信します。 交流施設では、情報端末等を利用して観光客等に町の観光商工情報を発信して、町中に観光客の目が向くよう魅力あふれる情報提供をいたします。 ファーマーレストラン『ポロトピア』は、郷土色あふれたメニューを用意し、来館者に東北町の食文化を楽しんでいただきます 。

▼3分

小川原湖水浴場(潮干狩りなど)

夏休み期間にオープンする小川湖水浴場は遠浅で波も穏やかです。お子様からお年寄りまで安心して楽しむことができます。

▼30分

青森県立三沢航空科学館

子供たちがいろいろな科学現象を体験する「サイエンスショー」と「ワークショップ」を開催しています。驚きや感動を与えるとともに、「なぜだろう?」「こうしたらどうだろう」という疑問を持ったり、工夫する過程の中で考える力を育て、自らの力で創造する喜びを知ってもらいたいと考えています。子供からお年寄りまで楽しめる施設です。

▼20分

寺山修司記念館

当館は遺族の寺山修司の母はつ氏より三沢市に寄贈された遺品を、保存公開するために約3年の歳月をかけ建設されました。寺山修司と親しかった粟津潔氏のデザインをもとに、九條今日子氏をはじめとする元天井棧敷のメンバーなど数多くの関係者のアドバイスを得て平成9年7月に開館を迎えました。
延床面積約833平方メートルの展示棟とホワイエ棟が渡り廊下でつながり、上空から見るとその様はテラヤマ演劇・映画の小道具として登場した「柱時計」を彷彿とさせます。ホワイエ棟外壁には149枚の陶板が貼り込まれ、寺山氏と交流のあった約30人のメッセージ陶板がテラヤマ作品を題材にしたものとともに、にぎやかに彩っています。テラヤマ芸術はもとより、当市の総合芸術発信基地としての一翼も担っています。

▼20分

道の駅みさわ 「斗南藩記念観光村」

20haという広大な敷地の中に、先人記念館、小動物園、ゴーカート場、バッテリーカー、パターゴルフ場、遊覧馬車などがあり、1日中遊べる施設です。総合案内施設「くれ馬パ~ク」にはレストランや情報コーナーもあり、地元の新鮮な野菜やお土産もたくさんそろっています。5月上旬はちびっ子春祭り、8月上旬はファームフェスタ、12月下旬~1月上旬はウインターファンタジーが見ものです。

▼50分

七戸十和田駅

おすすめコンテンツ

かだれ田舎体験
東八甲田ローズカントリー
道の駅しちのへ
東八甲田家族旅行村
しちのへ観光協会
七戸町観光物産推進協議会